ザイロリックが痛風発作を防ぐ   >   尿酸とザイロリック

尿酸とザイロリック

ザイロリックが尿酸の産生を阻害する

尿酸値を抑制する働きを持つザイロリックには、アロプリノールという有効成分が含まれています。

体内の細胞の核酸を構成しているプリン体。これが分解をすることで尿酸になります。プリン体から尿酸になるまでには、キサンチンオキシダーゼという酵素が必要です。しかし、アロプリノールが、その酵素の働きを阻害してくれるので尿酸の産生を防ぎます。

この働きによって、尿酸値を下げることにつながるのです。通常、私たちの体内では尿酸は産生と排出のバランスが保たれています。しかし、そのバランスが崩れ、尿酸が蓄積することで高尿酸血症を引き起こす可能性が高まります。

そして悪化してしまうと、尿酸が関節などで結晶化してしまいます。それが異物と判断されて、白血球が攻撃することで炎症が起きてしまうのです。これを痛風発作といいます。

痛風発作は、尿酸値が上がりに上がって体が処理しきれなくなることで起こる症状です。一度結晶化してしまうと、そのままの状態では体外へ排出されません。溜まっていく一方なのです。

それを避けるためには、尿酸値を下げることしかありません。尿酸値をさげることで結晶化した尿酸は代謝によって、不要な分は尿となって体外へ排出されます。
ザイロリックの働きによって、尿酸結晶を溶かすことにもつながるのです。

ただし、肝機能や腎機能が正常に働いていない、もしくは弱っている人がザイロリックを飲んだ場合、症状を悪化させてしまう危険性があります。尿酸値を下げる為に必要なアロプリノールという有効成分が正しく処理しきれずに血液中の濃度が高まることで肝機能や腎機能に影響を及ぼしてしまうことが考えられるので、より注意が必要となります。

肝機能や腎機能障害を患っている人や気になることがある人は、医師の指示に従って用法・用量を守って服用するようにしましょう。