ザイロリックが痛風発作を防ぐ   >   体内の尿酸のバランス

体内の尿酸のバランス

尿酸の産生と排出のバランスが大切

痛風やそのほかの生活習慣病の原因にもなると言われている、尿酸。これは本来、体内で産生と排出のバランスが保たれています。一体どのようにバランスがとれていて、どう崩れてしまうのか知りましょう。

私たち人間の体内には、尿酸プールといって尿酸を溜めておく総量が定まっています。これが一般男性では約1200mgなのです。そして、尿酸は体内で産生と排出を繰り返していて、半分以上が毎日新しく入れ替えられています。

尿酸プールの量は一定に保たれているので、正常の場合は1日に約700mgの尿酸が産生されて、それと同量の約700mgが尿や糞と一緒に体外へ排出されているのです。

体内で尿酸が産生される時には、代謝によって作られるのが約500mg・食品から摂取されるのが約200mgとされています。

その為、代謝によって産生されるプリン体や食品から摂取するプリン体が多くなることで、尿酸が過剰に作られたり、排出が間に合わなかったりすると体内に尿酸が蓄積されていってしまいます。すると、高尿酸血症を引き起こすのです。

高尿酸血症になりやすい人には、尿酸過剰産生と尿酸排泄低下のタイプ、どちらにもあてはまるという3つのタイプに分かれます。この時の尿酸値の目安は7.0mg/dLでこの数値を超えると尿酸が溜まることで体内に増えすぎて、結晶化してしまう可能性が出てくるのです。

それを防ぐ為に、尿酸を体内で過剰に作りすぎないこと、そして尿酸の排出を促すことが痛風を発症させないために必要なことなのです。
尿酸は汗や消化液にも利用されますが、主に尿として排出されているので、多くの水を飲むことで尿を促すことが尿酸の排出にもつながります。

お茶にも利尿作用があるのですが、飲み過ぎると逆に水分が排出されすぎて水分不足になりかねません。水でれば必要な分は体内に残って、不要な老廃物の排出を促すことができます。体内の尿酸のバランスがとれている仕組みを知り、余分に蓄積させない生活習慣を心がけましょう。